MASAHITO WATANABE
里見 和香
売却エージェント 2016年 入社

未来に笑顔を
つくっていきたい。

PROFILE
住宅コンサルティング部 売却コンサルティング1部。
大学を卒業後、ホテル業界を経て、2016年SREホールディングスに入社。
不動産業界未経験での挑戦で、コーディネーターから※エージェント登用試験に合格し、現在に至る。※入社当時の制度です。
01

次の世代に誇れる仕事。

会社の想いに共感できること。それが、転職活動中に最も大切にしていた軸でした。他にも不動産業界を受けましたが、SREホールディングスはその中でも一番新しいことをしている印象でしたね。一生涯、誰もが関わる不動産のサービスを通して、世の中に新しい選択肢を提供していく仕事は、将来、自分の子どもや孫たちにもきっと胸を張れる。社長である西山さんの言葉に共感したことを覚えています。また、その変革の渦中にいれば、自身も大きく成長できるという期待感がありました。不動産業界ははじめてでしたが、飛び込んでみたいと思えるほどの、十分な魅力があったと思います。実質、業界経験はまだ2年ですが、すでに多くのお客様から、ご売却の資産をお預かりできるまでになりました。能動的に動くことで、早い段階で様々な仕事を任せていただけることは、SREホールディングスの魅力のひとつではないでしょうか。

02

チームの売却プロセスが、信頼構築にもつながる。

SREホールディングスにおける売却プロセスは、エージェントがひとりで担うわけではありません。チームで動くことが、当社の強みのひとつだと思います。もちろん、営業として数字は競いますが、例えば休暇中にお客様から問い合わせが入れば、チームのメンバーが代わりに対応するといった、助け合いの風土があります。また、エージェントをサポートしてくれるコーディネーターの存在も大きいです。コーディネーターはいわゆる営業事務の仕事を担い、資料集めや内見の調整、お客様とのやり取りなど、外出の多いエージェントに代わって、お客様とエージェントそれぞれのサポートを行っています。チームで役割を持って動くことで、お互いの業務効率が向上するだけでなく、お客様へのレスポンス速度も上がり、信頼構築の一助となっているのです。

03

「あたりまえ」は、あたりまえではない。

お客様満足を追求することがSREホールディングスのミッションですが、その中で私が一番大切にしていることは、お客様にあたりまえを押し付けないことです。お申込みがあった際に「手付金は〇〇円です」「現況有姿ですね」などあたりまえのようにご説明をしても、ご売却がはじめてのお客様にとっては分からないことばかりだと思います。分からないことは、不安要素でしかありません。そういった不安を払しょくするために、ご納得いただけるまで説明をする。そして、公平にご判断いただけるように選択肢を用意する。大切な資産をご売却するための、正しい情報提供を行うこと。お客様目線に立ってコンサルティングを行うことが、お客様満足につながっていくと思います。関わりをいただいたからには、絶対に喜んでもらいたい。この仕事は、笑顔を生む仕事なのですから。

1 DAY SCHEDULE
9:00

出社、メールチェック、
顧客対応

10:00

契約準備・決済準備など
書類整理

12:00

ランチ

13:00

売出し準備のための
役所調査

15:00

広告掲載のための
写真撮影

18:00

査定書作成・送付

19:00

帰宅

PRIVATE

楽しみがあることで、仕事も頑張れる。

夏休みは毎年、主人と伊豆へ出かけます。水質AAの海で、持ってきたお弁当を食べながらシャンパンを飲むのが、恒例の楽しみですね。楽しみがあることで、仕事に対する励みになりますし、リフレッシュして、明日からまた頑張ろうと思えるエネルギーになります。また、定休日にあわせて有給休暇を取得し、近場へ出かけることも。先日は前職の同僚と、軽井沢の温泉で緑に癒されました。