代表メッセージMessage

「今の先鋭」が「10年後の当たり前」を造る

昨今、様々な産業にAI(人工知能)やIoT(Internet of Things)が組み込まれ、新しいモノやサービスとして紹介されています。我々はこの流れを一過性のものと捉えていません。あらゆる行動・取引に関するデータがクラウドやIoTを通じて蓄積できる時代になりました。また、そのケイパビリティは今後も高まり、蓄積された膨大なデータは高精度のAIを通じて最適解として導かれ、行動にフィードバックされていきます。今は先鋭であっても10年後には当たり前のものとなり、10年後の人々にとって不可欠なものになっている、そのようなものを私たちは先んじて造り、提供していきたいと考えています。

私たちSREホールディングスはこのような歴史的転換期の中、不動産業界・金融業界を始めとする様々な業界にむけた、「10年後の当たり前」を造るべく日々活動をしています。多くの企業との交流をしながらも、自社独自のエンジニアリング力を磨き上げ、不動産事業を手掛ける現場(リアル)とエンジニアリング部隊(テクノロジー)の社内交流を行っています。我々はこの「リアル×テクノロジー」の掛け合わせを通じて、AIクラウド&コンサルティング事業においてより実務有用性にこだわったプロダクトやサービスを生みだしています。私たちは、機械学習やDeep LearningといったAI技術と集積したデータとを活用するソリューションプロバイダーという役割と、テクノロジーの活用を図りながらも確かなアウトプットを実現する不動産プレイヤーという役割を併せ持つ企業体です。リアルだけではその進化は経験と感情によってコントロールされてしまいますし、テクノロジーだけではリアルの情報や現場感のない研究テーマになってしまうかもしれません。同じフィールドにリアルとテクノロジーを担う部隊を抱え、双方向のフィードバックができるからこそ本当に使える真のDX(デジタルトランスフォーメーション)テクノロジーが創出できると考えています。

「リアル×テクノロジー」で今の先鋭を追求し、「10年後の当たり前」を造っていく。これが、私たちの使命です。これらは未知への挑戦を意味するため、簡単ではありませんが、本来企業とはまだ見ぬ未来の創造にチャレンジし、社会の発展に貢献することが根源的存在意義ともいえます。社員一同、会社と共に成長をつづけながらイノベーションの創出に努力し続けたいと思います。

SREホールディングス 代表取締役 社長 兼 CEO
西山 和良