MASAHITO WATANABE
東 毅憲
売却エージェント 2015年 入社

すべては
前に進み続けるために。

PROFILE
住宅コンサルティング事業部 売却コンサルティング1部。
大学を卒業後、アパレル業界、FC系不動産仲介会社を経て、2015年SREホールディングスに入社。
01

人×テクノロジーという強さ。

SREホールディングスは、不動産業界にチャレンジして2社目の会社。私が入社した2015年は、ちょうど※「おうちダイレクト」というサービスを発表したタイミングでした。不動産仲介会社を介することなく、個人が自由にマンションの売り出しを行うことができ、住まいの「買いたい」と「売りたい」をダイレクトに結びつけるプラットフォームは、まさに日本の不動産取引の新しい形。SREホールディングスは、業界に新しい選択肢を増やしている会社なのだと実感したことを覚えています。
今後、AIやIoTを取り込んだサービスが広がるにつれ、私たちエージェントの仕事は、人が担う部分が少なくなっていくのかもしれません。しかしながら、人の気持ちに寄り添うコンサルティングは、人にしかできないことだと私は信じています。そして、それこそがSREホールディングスの本当の強さだと思うのです。お客様に寄り添ったプロのコンサルティングと、ソニーの技術を駆使したテクノロジー。この二つの掛け合わせがあるからこそ、これからも新しい未来を生み出して行くことができる会社だと思います。※おうちダイレクトとは
おうちダイレクトは、Yahoo! JAPANとSREホールディングスが共同で企画・運営する不動産売買プラットフォームです。「マッチングサービス」と「仲介サービス」、「売却価格一括査定依頼サービス」の三つのサービスで構成されています。

02

「両追者」というポリシーが、結果を生み出す。

結果を出せば、経験や年齢に関係なく評価をしてもらえる。そこは、ぜひ期待してください。私自身、不動産業界2年目で転職をしましたが、入社して半年で、全社員の中からひとりだけ選ばれるMVPの社長賞をいただくことができました。翌年にも同じ賞をいただき、チーム長を経て、現在は課長職を任せていただいています。
ただし、自分の利益だけを追っていたのでは、結果を出すことはできません。SREホールディングスには、「両追者」という言葉があります。これは、「お客様満足」と「事業利益」の両方を追求していくというポリシー。お客様目線に立って、満足していただくために「より高く」「より早く」売却することで、結果はついてくるのです。そのためには自身の知識を増やし、経験値を上げることが必要不可欠ですね。例えば、新聞等で日本経済の動きを意識し、不動産のトレンドや税制についての勉強や、セミナーへの参加など、日々の自己研鑽は欠かせません。

03

その向上心に、必ず応えていく。

現在は統括課長として、9名のメンバーを取りまとめています。大切にしていることは、チームのメンバーひとりひとりにモチベーションを高く維持してもらうことですね。エージェントのモチベーションは、やはり目標の達成でしょう。それぞれが目標に近づけるような働きかけを行っています。週に一度の1on1ミーティングを通して、メールの送り方から交渉の進め方、訪問の同行まで、それぞれの悩みに合ったアドバイスを行えるように工夫しています。今ではメンバーが進んで相談に来てくれるので、嬉しいですね。だからそのやる気には、全力で応えるようにしています。また、社内では社員同士が企画して、誰もが自由に参加できる勉強会や研修会を行っているため、学びの多い環境だと思います。社員もポジティブで前向きな方が多いのではないでしょうか。ただ、当社は新しいことにチャレンジする会社ですから、時には困難な壁に直面することもあります。でも、自分たちのやっていることは正しい。そう信じて、その壁を楽しめる方と一緒に成長していきたいですね。

1 DAY SCHEDULE
9:30

朝礼、課員の行動予定の確認

10:30

売却訪問査定

13:00

移動・ランチ

14:30

媒介受任、写真撮影

17:00

売買契約

18:30

社内研修の取りまとめ

20:00

帰宅

PRIVATE

結果が、また次の結果を生むきっかけに。

社長賞の副賞で、家族でハワイ旅行に行かせていただいた時の写真です。会社からハワイ旅行をプレゼントされたのは、2回。頑張った分だけ正当な評価をいただけることが、当社の魅力のひとつだと思います。このような機会があれば、家族にも感謝してもらえますし、次の仕事も頑張ろうと、やる気も充電できています。